大濠公園・西公園ダイアリー

水と緑のオアシスの日常です。
2月20日の茶会館開放日 紅梅が咲いています
大濠公園 日本庭園の茶会館は、毎月第1、第3火曜日(休園日の場合はその翌日)は開放日となっています。
茶会館開放日に、お抹茶とお菓子の提供を行っております。
料金は300円です。(日本庭園の入園料が別途必要です。)

2月の第3火曜日の20日の茶会館開放日には、52名のお客様がいらっしゃいました。
どうもありがとうございました。
次月の茶会館開放日は、3月6日と20日です。
どうぞお越しください。


大濠公園日本庭園


茶会館 入口




茶会館


お天気が良く暖かい1日でした


床の間


お花は梅と椿




お菓子は薯蕷万頭


お庭では紅梅が咲いていました






白やピンクの梅の蕾も膨らんでいます


咲き始めているものもありました





大濠公園日本庭園
この地はかつて、博多湾の入り江で、慶長年間に黒田長政が福岡城を築城した際、入り江の北側を埋め立て、城の外濠としました。
昭和2年にこの地で開催された東亜勧業博覧会を機に公園造成工事を行い、昭和4年に大濠公園として開園しました。
この日本庭園は、大濠公園開園50周年を記念して築庭し、昭和59年に開園した築山林泉廻遊式の庭園です。
敷地面積は約1.2ヘクタールで、白壁の築地塀と樹林に囲まれた園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、枯山水庭、数寄屋造りの茶室と露地庭などが配置され、これらをつなぐ園路によって廻遊するようになっています。
築山は厚い植栽で都市の騒音を遮蔽し、その中央に大滝を配し、築山の狭間に渓流の滝、東築山に布落ちの滝を設け、深山幽谷の景を呈しています。
この滝口の地割・石組の手法は日本庭園が技術的、芸術的に最も優れた時代である中世の作庭技法を用いています。
また、大池に続く、下流の流れと小池及び枯山水庭は静寂で明るくのびやかな近世中頃の作庭手法によっています。


大濠公園日本庭園 
〒810−0051
福岡市中央区大濠公園1番7号
(092)741−8377


開園時間・料金について
http://ohoriteien.jp/

全景図・見どころ
http://ohoriteien.jp/map/#spot

茶室・茶会館のご利用について
http://ohoriteien.jp/chakai/

アクセス
http://ohoriteien.jp/access/

大濠・西公園ツイッター 
https://twitter.com/ohoripark

大濠公園日本庭園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoriteien/

大濠公園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoripark_fukuoka/

西公園インスタグラム
https://www.instagram.com/nishipark_fukuoka/
| ohori-kouen | 日本庭園 | 11:12 | - | trackbacks(0) |
ぽかぽか陽気
2月4日は雪景色の西公園でしたが↓
http://blog.ohorikouen.jp/?eid=1291504

2月9日は青空が広がり、寒さ和らぐ暖かい1日でした。


西公園
この道を直進すると大濠公園に着きます
(西公園は、大濠公園有料駐車場出口から徒歩で直進して10分ほどです)


光雲神社前階段




中央展望広場
よいお天気、空も海も青い!


博多湾や志賀島、


荒津大橋や博多ポートタワーが見えます


ソメイヨシノ
蕾がついていました


メジロが偵察中?
花の蜜が大好きなメジロ、サクラの開花が待ち遠しいことでしょう


光雲神社前階段の側に咲いていたスイセン



西公園
西公園は福岡市のほぼ中央に位置し、古くは「荒津山」と呼ばれました。
面積約17万平方メートルの丘陵地で、福岡市内、博多湾、志賀島を一望できます。
明治14年に自然の丘陵と眺望、渓谷を活かした公園として整備され、その後マツ・シイ・カシなどの自然林にサクラ・ツツジ等を植栽して風致公園となりました。
春は「さくら名所100選」にも選ばれた約1,300本のサクラが咲き、秋にはモミジ、イチョウ等が色づく、都市部とは思えないほどしっとりとした散策路を有する県民憩いの公園です。

概要・沿革
http://nishikouen.jp/about/index.html

アクセス
http://nishikouen.jp/access/#map

園内マップ
http://nishikouen.jp/map/#map

西公園スポット
http://nishikouen.jp/map/spot/

舞鶴館(ぶがくかん) 
http://nishikouen.jp/map/#bugaku

ご利用案内・申請
http://nishikouen.jp/guide/

大濠・西公園ツイッター 
https://twitter.com/ohoripark

西公園インスタグラム
https://www.instagram.com/nishipark_fukuoka/

大濠公園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoripark_fukuoka/

大濠公園日本庭園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoriteien/
| ohori-kouen | 西公園 | 10:16 | - | trackbacks(0) |
立春
立春を過ぎ暦の上では春だそうですが、まだまだ春とは思えない厳しい寒さの今日この頃です。
2月6日、大濠公園にもうっすらと雪が積もりました。


冬の渡り鳥、ホシハジロの群れ


真っ白になった舞鶴橋








だれかの足跡


花壇も真っ白に


冷たい雪に覆われた土の中から、11月にみんなで植えたチューリップの球根が元気に芽を出していました


寒い寒い毎日ですが、チューリップは見えない土の中でちゃんと成長しています
春に向けて着々と準備が進んでいるようです





大濠公園
慶長年間、黒田長政が福岡城を建築する時、博多湾の入江であったこの地を外濠として利用、昭和2年ここで開かれた東亜勧業博覧会を機に造園工事を行ない、昭和4年県営大濠公園として開園したものです。
大濠公園は福岡市のほぼ中央に位置し、総面積が約39万8千平方メートルあり、うち約22万6千平方メートルの池を有した、全国有数の水景公園です。
公園内には、池の周辺約2kmの周遊道、野鳥の森、児童遊園、能楽堂、日本庭園、および4つの橋で結ばれた中の島や浮見堂、ボートハウス等を配し休養、娯楽や体育の向上に利用されています。


園内施設・マップ
http://www.ohorikouen.jp/map/

大濠公園 日本庭園
http://ohoriteien.jp/

アクセス
http://www.ohorikouen.jp/access/

ご利用案内・申請
http://www.ohorikouen.jp/guide/

大濠・西公園ツイッター
https://twitter.com/ohoripark

大濠公園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoripark_fukuoka/

大濠公園日本庭園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoriteien/

西公園インスタグラム
https://www.instagram.com/nishipark_fukuoka/
| ohori-kouen | 大濠公園 | 16:46 | - | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール