大濠公園・西公園ダイアリー

水と緑のオアシスの日常です。
1月16日(水曜日)の茶会館開放日
大濠公園 日本庭園の茶会館は、毎月第1、第3火曜日(休園日の場合はその翌日)は開放日となっています。
茶会館開放日に、お抹茶とお菓子の提供を行っております。
料金は300円です。(日本庭園の入園料が別途必要です。)

新しい年の第1回目、1月16日の茶会館開放日には、日本各地や海外から57名のお客様がお越しくださいました。
お寒い中、はるばるお越しくださりどうもありがとうございました。

来月の茶会館開放日は、2月5日と19日(火曜日)です。
みなさまのお越しをお待ちしております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



大濠公園日本庭園


茶会館






床の間のお花
ロウバイ、アケボノツバキ、ネコヤナギ


お抹茶と薯蕷饅頭


椅子もご用意しております


後半、床の間のお花はスイセンに


お庭では紅梅が咲いていました






ピンクの梅も咲き始めそうです


熱心に木をつついていたコゲラ
他にもヒヨドリ、アトリ、シジュウカラ、エナガ等々、いろいろな鳥を見かけます


上の池の雲





大濠公園日本庭園
この地はかつて、博多湾の入り江で、慶長年間に黒田長政が福岡城を築城した際、入り江の北側を埋め立て、城の外濠としました。
昭和2年にこの地で開催された東亜勧業博覧会を機に公園造成工事を行い、昭和4年に大濠公園として開園しました。
この日本庭園は、大濠公園開園50周年を記念して築庭し、昭和59年に開園した築山林泉廻遊式の庭園です。
敷地面積は約1.2ヘクタールで、白壁の築地塀と樹林に囲まれた園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、枯山水庭、数寄屋造りの茶室と露地庭などが配置され、これらをつなぐ園路によって廻遊するようになっています。
築山は厚い植栽で都市の騒音を遮蔽し、その中央に大滝を配し、築山の狭間に渓流の滝、東築山に布落ちの滝を設け、深山幽谷の景を呈しています。
この滝口の地割・石組の手法は日本庭園が技術的、芸術的に最も優れた時代である中世の作庭技法を用いています。
また、大池に続く、下流の流れと小池及び枯山水庭は静寂で明るくのびやかな近世中頃の作庭手法によっています。


大濠公園日本庭園 
〒810−0051
福岡市中央区大濠公園1番7号
(092)741−8377


開園時間・料金について
http://ohoriteien.jp/

全景図・見どころ
http://ohoriteien.jp/map/#spot

茶室・茶会館のご利用について
http://ohoriteien.jp/chakai/

アクセス
http://ohoriteien.jp/access/

大濠・西公園ツイッター 
https://twitter.com/ohoripark

大濠公園日本庭園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoriteien/

大濠公園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoripark_fukuoka/

西公園インスタグラム
https://www.instagram.com/nishipark_fukuoka/
| ohori-kouen | 日本庭園 | 13:40 | - | trackbacks(0) |
http://blog.ohorikouen.jp/trackback/1291576
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール