大濠公園・西公園ダイアリー

水と緑のオアシスの日常です。
暑中お見舞い申し上げます
梅雨が明け、暦の上では8月7日から立秋、秋だそうです。
暦の上では残暑なのだそうですが、秋とは思えない厳しい暑さが続いています。
西公園ではセミの大合唱が響き、サルスベリやムクゲ等の夏を感じる花が咲いていました。
まだまだ真夏の暑さ、お越しの際は熱中症対策、虫よけ対策などもご準備ください。



中央入り口


舞鶴館(ぶがくかん)
https://nishikouen.jp/map/#bugaku
※予約はお電話で受け付けております


舞鶴館(ぶがくかん)の近くのサルスベリ




センニンソウ


西公園の頂に咲くムクゲ




キマダラセセリ




中央展望広場にもムクゲが咲いていました


お天気が良い日は眺望がよく、中央展望広場から海も山も見えます




白い花に赤いがくのクサギ(臭木)
マスク越しでは臭いませんでしたが、名前の通り葉が臭いのだそうです


白い花に赤いがく


ナガサキアゲハ


公園を利用される皆様へのお願い
公園をご利用いただく際には、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、引き続き、次のことにご注意いただくようお願いします。

○咳エチケット、こまめな手洗いなどを徹底すること
○すいた時間を選び、混雑する公園を避けること
○人との十分な間隔(2m以上)を確保できる場合を除き、マスクの着用をお願いします
※気温・湿度が高い中でのマスクの着用は、熱中症のリスクが高くなる恐れがありますので、
「屋外で人と十分な距離を確保できる場合には、マスクを外す」
「周囲の人と十分な距離を確保できる場所で、マスクを一時的に外して休憩する」
など、その場の状況に応じてマスクを外すことにより、熱中症の予防を図ってください。
○近距離での大声での発声や会話等を控えてください
○利用者間の十分な間隔(できるだけ2mを目安に)を確保してください

ご迷惑をおかけしますが、感染拡大防止のため、ご協力とご理解をお願いします。


西公園
西公園は福岡市のほぼ中央に位置し、古くは「荒津山」と呼ばれました。
面積約17万平方メートルの丘陵地で、福岡市内、博多湾、志賀島を一望できます。
明治14年に自然の丘陵と眺望、渓谷を活かした公園として整備され、その後マツ・シイ・カシなどの自然林にサクラ・ツツジ等を植栽して風致公園となりました。
春は「さくら名所100選」にも選ばれた約1300本のサクラが咲き、秋にはモミジ、イチョウ等が色づく、都市部とは思えないほどしっとりとした散策路を有する県民憩いの公園です。

概要・沿革
http://nishikouen.jp/about/index.html

アクセス
http://nishikouen.jp/access/#map

園内マップ
http://nishikouen.jp/map/#map

西公園スポット
http://nishikouen.jp/map/spot/

舞鶴館(ぶがくかん) 
http://nishikouen.jp/map/#bugaku

ご利用案内・申請
http://nishikouen.jp/guide/

大濠・西公園ツイッター 
https://twitter.com/ohoripark

西公園インスタグラム
https://www.instagram.com/nishipark_fukuoka/

大濠公園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoripark_fukuoka/

大濠公園日本庭園インスタグラム
https://www.instagram.com/ohoriteien/
| ohori-kouen | 西公園 | 15:18 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
最新の記事
カテゴリー
アーカイブ
プロフィール